横浜線沿線散歩公園探訪
町田市下小山田町
−小山田緑地−
大久保分園
April 2000
小山田緑地 大久保分園
小山田緑地本園の北西、梅木窪分園のアサザ池のある谷戸からは西の尾根を越えたところに大久保分園がある。大久保分園は尾根の西斜面がその範囲となっていて、眺望の良い尾根道や「トンボ池」という池などが含まれている。
大久保分園の位置する辺りは西から入り込んできた谷戸の奥まったところで、民家も何戸か点在し、その周囲の丘は畑として耕作されており、なだらかな丘陵の景観を持っている。緑地管理所で貰ったイラストマップには「善次ヶ谷」と記されている。昔からのこの辺りの地名なのだろう。

トンボ池
大久保分園の中央部あたりが谷戸の最も奥まったあたりで、「トンボ池」という池が横たわっている。その名の通り、夏にはトンボが多く見られる池だが、他にもさまざまな水生植物や水辺の生き物の姿も見ることができる。池を渡るように散策用の木道が設置されており、木道の一部は池の中央部あたりまで延びている。木道から池を覗き込むと、四月も末のこの季節には数多くのオタマジャクシの姿が見られた。

池の木道を北へ進むと見晴らしの良い丘の上へと出て、四阿も設けられていて散策途中の一休みにはよい場所だ。四阿の設けられた一画の傍らには小径がさらに北へ向かって雑木林の中へと延びている。その道を辿れば山中分園の傍らを経て多摩市の唐木田駅付近へと出ることができる。唐木田の方からその道を辿ってこちらへ来る人も少なくないらしく、それらしい人の姿もあった。

尾根道からの景観
トンボ池の東南側は尾根の西斜面にあたり、尾根道へと延びる散策路が延びている。尾根道には「小山田の道」と案内標識にある。これも古道の名残なのだろうか。尾根道へと上ると付近の景観が見渡せて眺望もいい。民家が点在し、周囲には畑が広がり、その向こうに雑木林の里山が続くという風景は多摩丘陵の原風景とも思えるもので、懐かしささえ感じる。

尾根の東側にはゴルフ場のコースが広がっており、その風景のギャップは少々興醒めなところだ。ゴルフコースの中を縫うように尾根の東側へと降りて行くことも可能で、降りるとアサザ池へと至る道路へ出る。

狭いながらも車輌通行可能な道路も通じており、尾根の頂上にあたる場所まで車で上ってくることも可能で、登り詰めたところには数台分が駐車可能なスペースもあるのだが、車でここへ乗り付けるというのは少々無粋というものだろう。小山田緑地本園から梅木窪分園を経て、ここまで散策を楽しむというのがお勧めのような気がする。
小山田緑地 大久保分園