横浜線沿線散歩公園探訪
町田市小山ヶ丘〜八王子市南大沢〜鑓水
−小山内裏公園−
早春の小山内裏公園
March 2007
早春の小山内裏公園
早春の小山内裏公園は尾根道脇に植えられた馬酔木や沈丁花などの花々を楽しむことができる。雪柳や辛夷なども園内随所に見ることができる。それらの花々に春の兆しを感じながら、のんびりとした散策が楽しめる。

パークセンターから上がった辺りから西側部分、尾根道の北側には馬酔木や沈丁花が植え込まれており、早春には可憐な花々が来園者を迎えてくれる。あまり目立つ花ではないからか、それらの花々を目当てに訪れた人は少ないようだが、尾根道では散策を楽しむ人の姿が少なくない。
早春の小山内裏公園早春の小山内裏公園

歩きながら上を見上げると、そろそろ辛夷(コブシ)が咲き始めている。早春の青空を背景に浮かび上がる辛夷の白い花が美しい。辛夷の白い花と常緑樹の緑と芽吹きを迎える前の落葉樹の裸の枝とが青空を背景に視界に収まる様子は色彩のコントラストも鮮やかでたいへんに美しい。今にも咲きそうな、ふっくらとした蕾の姿も可愛らしい。
早春の小山内裏公園早春の小山内裏公園

小山内裏公園内には梅林のような場所は無く、早春の景観としては少しばかり物足りなさもあるが、馬酔木や沈丁花、辛夷、雪柳など、春を告げる花々に彩られてなかなか楽しめる。公園西端に近い「鮎道」脇ではカタクリも花を咲かせるそうだが、今回訪れた三月中旬では少しばかり早すぎたようだった。この季節の小山内裏公園は、華やかな桜の季節を迎える前の、素朴で清々しい印象の佇まいが魅力だと言えるだろう。
早春の小山内裏公園