横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市港北区新横浜
−新横浜駅前公園−
桜咲く新横浜駅前公園
April 2009
桜咲く新横浜駅前公園
横浜市港北区新横浜、新横浜駅の北西側、鶴見川の支流である鳥山川の右岸に沿って、1.5kmほどの長さで新横浜駅前公園が横たわっている。その新横浜駅前公園のほぼ全域にわたって桜の並木が続く。わずかに曲がりながら続く河岸の桜並木は見事な美しさだ。

桜咲く新横浜駅前公園

桜咲く新横浜駅前公園

桜咲く新横浜駅前公園
新横浜駅前公園は鳥山川の右岸、堤防道と新横浜の市街地との間に“グリーンベルト”として延びているのだが、このほぼ全域、堤防道と公園との間に桜の並木が続く。桜の木はどれも大きく育っており、枝を張って堤防道を覆うように咲き誇る。鳥山川は大きく蛇行するわけではないが、わずかに曲がりながら流れており、河岸の桜並木もそれに沿って緩やかな曲線を描いて延びる。その景観がとても美しい。労災病院付近では左岸側にも桜並木があり、そこでは両岸に並ぶ桜並木が楽しめる。河岸だから視界が開け、開放的な気分で桜を楽しめるのもいい。

鳥山川の右岸側は新横浜の市街地でさまざまな建物が林立し、左岸側には横浜労災病院や横浜市総合リハビリテーションセンターなどの建物が並ぶ。新横浜駅前公園からも桜並木の向こうにはそれらの建物が見えているが、それも市街地で楽しむ桜景色の、ひとつの興趣と言えるかもしれない。

公園は途中に少年野球場などを置いているが、基本的に草はらの緑地が続いており、そこではシートを広げてお花見を楽しむ人たちのグループで賑わっている。堤防道には多くの人が行き交っている。花見散歩を楽しむ人が多いが、ジョギングの人の姿もある。春の陽光を浴びながら満開の桜の下を走るのは爽快な気分に違いない。

新横浜駅前公園は“公園”としては施設などの面で決して充実した公園とは言い難いが、この桜並木は特筆すべき見事さだ。地元の人たちのお花見の場所としてはもちろん、遠方から訪れても充分に見応えのあるものと言っていい。新横浜駅前公園の北東端から太尾新道へと抜けて少し北へ進むと太尾堤緑道が北へ延びている。太尾堤緑道にも桜並木があり、なかなか美しい景観を見せてくれる。余裕があれば足を延ばしてみるのもお薦めだ。
桜咲く新横浜駅前公園