横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市都筑区茅ヶ崎中央〜荏田東
−都筑中央公園−
春の都筑中央公園
April 2010
春の都筑中央公園
都筑中央公園は里山の風景を残した緑濃い公園だ。春になれば園内の随所でヤマザクラが咲く。「展望広場」にはソメイヨシノの林もあり、のんびりと春の散策を楽しむことができる。
春の都筑中央公園
横浜市営地下鉄の「センター南」駅側に設けられた中央口から園内に入って石段を登ってゆくと「展望広場」だ。都筑中央公園の中でも高所に辺り、その名のように眺望を楽しめる一角だが、ここにソメイヨシノの林がある。それほど広くはないし、ソメイヨシノも大木というわけではないが、開放感のある広場が咲き誇るソメイヨシノに包まれる様子はなかなか見事なものだ。地元の人たちにはよく知られているのだろう。お花見の人たちも多く、桜の下にシートを広げてランチタイムを楽しんでいる。家族連れが多いようで、宴会を催して騒ぐ人たちはいないようだ。”花見の宴”というより、お花見を兼ねた春のピクニックという雰囲気で愉しんでいるように見える。

春の都筑中央公園
園内を巡る散策路を辿ると随所で見事なヤマザクラに出会う。公園として開園する以前から、この里山の林の中にあったヤマザクラなのだろう。ようやく芽吹きの季節を迎える雑木林の中で、野趣溢れるヤマザクラの姿はそれぞれにたいへん美しい。「ばじょうじ谷戸」の休憩棟横のヤマザクラや「境田谷戸」横の丘の上に咲くヤマザクラなどは特に印象的だ。林の中に咲くヤマザクラは近づくことができないものが多いが、枝々を上に伸ばして咲く姿は遠くから眺めるのが美しいように思える。

春の都筑中央公園
公園東側には公園に附属するような形で杉山神社が残されているが、この杉山神社の境内にも社を包むように桜が咲いている。自生していたものではなく、昔に植えられたものだろう。ソメイヨシノのように見えるが、ヤマザクラも混じっているようだ。春の青空の下、桜の花に護られるように建つお社の姿は晴れ晴れとした印象だ。お参りに訪れる人の姿もちらほらとある。杉山神社裏手の「境田貝塚」付近の広場にもランチタイムを過ごす人たちの姿があった。この付近にはあまり桜はないが、春の公園でのアウトドアランチはそれだけで充分に楽しいものだ。

春の都筑中央公園
自然溢れる都筑中央公園は桜ばかりでなく、さまざま春の花も楽しめる。「ばじょうじ谷戸」の休憩棟前の田圃にはレンゲが咲いている。「ばじょうじ谷戸」横手の畑には菜の花が咲いている。「宮谷戸の大池」奥の、かつて水田だったところにも菜の花が植えられて鮮やかな色彩で散策の目を楽しませてくれる。雑木林の中は落葉樹が芽吹きの季節だ。春の日差しに光る新緑がたいへんに美しい。足下に目を落とせばタンポポの花が咲いている。のんびりと歩けばさまざまな発見がある。
都筑中央公園は”花見の名所”とは言い難いが、地元の人たちにとっては身近な花見スポットとして充分に愉しむことのできるところだ。遠方から訪れた立場なら、のんびりと園内を巡って春の訪れを迎えた雑木林の、ヤマザクラや新緑を愉しむのがお勧めだ。お弁当を持って、花見を兼ねた春の行楽として、ピクニック感覚で訪れるのに最適な公園だ。
春の都筑中央公園