横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市中区横浜公園
−横浜公園−
チューリップの咲く横浜公園
April 2000
横浜公園のチューリップ
横浜市街のほぼ中心に位置し、横浜スタジアムがあることでも有名な横浜公園だが、春のチューリップが見事なことでもよく知られている。公園の西側から北側にかけての木立のある一帯を埋め尽くすほどのチューリップの花は見事なもので、開花の時期には連日多くの人々が観賞に訪れて、すっかり横浜の春の風物詩として定着した観がある。

横浜公園のチューリップ
チューリップの花は1997年(平成9年)に横浜市中区の区政70周年を記念して「区の花」に制定されており、ロゴマークなども定めて区が普及に努めている。この横浜公園のチューリップはその象徴とも言えるもので、その半数以上は市民の手によって植えられているものなのだという。

さまざまな品種のチューリップが整然と植えられてそれぞれに美しい花を咲かせる様子は、その圧倒的な数のせいもあって壮観な眺めを見せてくれる。訪れる人はほとんどカメラを携え、チューリップを背景に記念撮影をしたり、三脚を据えて花の写真の作品づくりに夢中になったりと、それぞれに楽しんでいるようだ。

横浜公園のチューリップ
花は品種によってか植えられた時期によってか開花の時期が異なり、三月の末から開花が始まって四月の中頃にはピークを迎える。四月の中旬の週末には毎年恒例となった「チューリップまつり」も開催され、多くの人出があって賑わっている。「チューリップまつり」は大通り公園の花壇展とともに「よこはま花と緑のスプリングフェア」として開催されており、特に今年(2000年)は「2000」という区切りのよい年ということでチューリップのライトアップなども行われたようだ。

さまざまな品種のさまざまな色彩のチューリップの花が咲き誇る様子は特に花に興味の無い人でも一見の価値があるだろう。もちろん花の好きな人、花の写真の趣味のある人などにとっては、この季節の横浜公園はぜひとも訪れてみるべき場所だと言ってよいだろう。
横浜公園のチューリップ

横浜公園のチューリップ

横浜公園のチューリップ