横浜線沿線散歩街角散歩
横浜市中区南仲通
神奈川県立歴史博物館
May 1999
現況と異なる内容を含んでいます
神奈川県立歴史博物館
横浜市中区の馬車道本町通りとの交差点に近い辺り、南仲通りと弁天通りとの間の一角に神奈川県立歴史博物館がある。旧横浜正金銀行の建物を利用したこの博物館はその堂々とした外観を見るだけでも興味深いが、博物館としての展示もかなりの充実度で、歴史に興味のある人にとっては見逃せないものだと言って良い。
神奈川県立歴史博物館
神奈川県立博物館は西側の博物館通りに面した方に正面玄関があるが、やはり目を引くのは馬車道に面した旧横浜正金銀行の建物部分だろう。横浜正金銀行は金融の円滑化や貿易の増進などを目的として、1880年(明治13年)にこの地に開業した銀行だった。その横浜正金銀行本店の建物として造られたのが現在神奈川県立歴史博物館の一部として使用されているこの建物だ。

妻木頼黄(よりなか)の設計による旧横浜正金銀行本館は1899年(明治32年)から地盤工事が始まり、実に五年の歳月をかけて1904年(明治37年)に完成している。地上三階、地下一階の構成で、外壁は稲田御影で化粧を施し、重厚なコリント式の柱が周囲を巡る、ドイツルネサンス様式の影響を色濃く感じさせる本格的な石造りの建物だった。

設計を担当した妻木頼黄は米国コーネル大学に建築を学び、東京府庁舎や東京商業会議所などの設計も手がけた人物で、「赤レンガ倉庫」として有名な横浜新港埠頭第2号倉庫を設計したことでも知られている。

横浜正金銀行は後に東京銀行横浜支店となるが、1964年(昭和39年)に土地と建物を神奈川県が東京銀行から買収、関東大震災の際に消失していた正面玄関上のドームを復元するとともに新館部分を増築、1967年(昭和42年)に神奈川県立博物館として開館した。1969年(昭和44年)、国の重要文化財に指定され、また1995年(平成7年)には広島原爆ドームとともに近代史跡としては初めて国指定史跡となり、同年、小田原の「生命の星・地球博物館」と分離、神奈川県立歴史博物館として開館している。
神奈川県立歴史博物館
博物館は館内の3フロアを利用した造りで、三階と二階が常設展示になっている。三階部分は古代から中世をテーマにしており、「さがみの古代に生きた人びと」、「都市鎌倉と中世びと」というコーナーが設けられている。二階は近世から横浜開港期、現代という構成で、「近世の街道と庶民文化」、「横浜開港と近代化」、「現代の神奈川と伝統文化」の三コーナーが設けられている。それぞれに充実した資料の数々は興味が尽きないが、特に「都市鎌倉と中世びと」と「横浜開港と近代化」のコーナーはフロア面積も広くとってあり、見応えのある内容だ。鎌倉武士の館や、横浜開港期の横浜の町の様子を再現した模型も展示されており、これもなかなか楽しい。

一階部分は中央部が特別設展示のコーナーで、その周囲が入場料を必要としないフリーゾーンになっており、内部から建物を見学することができる。フリーゾーンに設けられたミュージアムライブラリーではパソコンによる情報検索やビデオの試聴などが自由に利用できるようになっており、これも歴史に興味のある人にとっては魅力的なものに違いない。また売店には神奈川の歴史などに関する書籍や雑誌なども置かれており、通常の書店ではなかなか見られないものもあって楽しい。一階フロアには軽食も可能な喫茶室も設けられているので、一休みには便利だろう。
神奈川県立歴史博物館の概要、横浜正金銀行の沿革など、神奈川県立歴史博物館のサイトに詳しい。訪れる際には目を通して予備知識を得ておくとよいだろう。歴史好きの人なら一日いても飽きることはないに違いない。場所はJR根岸線の桜木町駅、関内駅どちらからも徒歩で10分ほどだが、関内駅から馬車道を散策しつつ訪れるのをお勧めしたい。
追記 2004年(平成16年)2月に東急東横線との相互乗り入れとなる「みなとみらい線」が開業、馬車道と本町通りとの交差点付近に誕生した「馬車道駅」から神奈川県立歴史博物館に至近になった。
神奈川県立歴史博物館横 弁天通りにて