横浜線沿線散歩街角散歩
横浜市西区みなとみらい
ランドマークタワー
October 1998
ハードロックカフェ前にて
今や横浜の観光スポットのひとつとなった「みなとみらい」。数々のイベントで賑わう秋の休日に、その「みなとみらい」のランドマークタワーを訪ねてみた。ランドマークタワーは三菱地所が開発した大規模施設で、ホテルやショッピングモール、オフィス、ホームなども含む複合施設だが、特に地上70階、高さ296メートルを誇るタワー棟は「みなとみらい」のシンボルになっていると言って良い。
「横濱JAZZプロムナード」桜木町駅前にて
今回訪れたのは10月10日、「体育の日」の休日が土曜日にあたり、連休とあって多くの人で賑わっている。ちょうど10日と11日の両日、横浜の街では「横濱JAZZプロムナード」が開催されていた。「横濱JAZZプロムナード」は1993年から始まったジャズ・フェスティバルで、プロ・アマを問わず多数のジャズ・ミュージシャンが横浜の街のあちこちに用意されたステージで演奏を披露するものだ。

ステージは横浜の街に多く点在するジャズ・クラブをはじめとして、ランドマークホール、開港記念会館、氷川丸、ドックヤード・ガーデン、赤れんが倉庫など、横浜港周辺を中心としたさまざまな場所に用意されている。ステージによって無料の場所もあるし、有料のものもある。ジャズ・クラブなどの有料のステージはフリーパスのチケットを購入することによってすべての会場を自由に出入りできるようだ。

参加するプロのミュージシャンも有名なメンバーが顔を揃え、今や日本最大規模に成長した「横濱JAZZプロムナード」の人気を物語っている。毎年このイベントを楽しみにしているジャズ・ファンは多く、その年のステージの予定が発表されると、どのステージを見に行くかが悩みの種となるようだ。
ドックヤードガーデン
ランドマークタワー敷地内のドックヤードガーデンも、この日は「横濱JAZZプロムナード」の会場となっていた。ドックヤードガーデンは旧三菱重工業2号ドックをランドマークタワーの敷地内に復元し、現在このようなイベント会場などとして利用しているものだ。

横浜港発展の黎明期にあたる明治時代、英国人技師パーマーの「港の経営には港湾関連施設の整備が必要」との提言を受けて「横浜船渠株式会社」が設立され(後に三菱重工業に合併)、二つの石造りドックが建設されたが、そのうちのひとつ第2号ドックとして建設されたものが「ドックヤードガーデン」として復元されているこのドックだ。海軍技師恒川柳作の設計によるこの第2号ドックは1896年(明治29年)に竣工、横浜港の発展を支えてきたドックだった。日本古来の石組みとは異なった工法は日本近代土木技術の最も初期の建造物であり、現存する石造り商船用ドックとしては国内最古のものであるという。

1960年代も後半に差し掛かる頃には造船業界の変化に伴って使用されることも少なくなり、やがて1973年(昭和48年)、ドックとしての役目を終えた。1980年代にはいって保存活用の検討がなされ、やがてランドマークタワー敷地内に復元保存が決定、1993年(平成5年)、ランドマークタワーの開業にともなって現在の「ドックヤードガーデン」として再生している。1995年(平成9年)12月には国の重要文化財に指定されている。

長さ100メートル、幅30メートルのドックヤードガーデンは現在はイベント会場などに利用されているほか、中央の空間を取り囲むように地下1階部分と地下2階部分に飲食店が並んでおり、訪れる人々の憩いの場となっている。特にクリスマスシーズンのイルミネーションの美しさは有名になりつつあるようだ。
ランドマークプラザ
ランドマークプラザは全長200メートル、5層吹き抜けのショッピングモールだ。天井はガラス張りになっていて中はけっこう明るい印象だ。回廊沿いに200近い店舗が並び、いつも多くの人出で賑わっている。規模から言ってもすでにひとつの「街」を形成していると言っても過言ではない。全体的な雰囲気も並ぶお店もおしゃれなのでデートコースとして使うのも良いし、のんびりとウインドウショッピングを楽しんでも退屈しない。中央にはちょっとしたスペースがあってイベント会場などに利用されているようで、この日もパントマイムのショーや「横濱JAZZプロムナード」のステージなどが催されていた。
スカイガーデンからの眺望
ランドマークタワー69階には「スカイガーデン」と名付けられた展望フロアがある。273メートルの高さを誇る展望フロアで、大きな窓から周囲360度の景観が楽しめる。眼下の桜木町駅近辺やみなとみらい地区をはじめとする横浜市街は言うに及ばず、天気の良い日には都庁や池袋のサンシャイン60ビル、南西の方角には富士山の姿も見ることができるという。

地上のエントランスとスカイガーデンを結ぶのは世界最速としてギネスにも登録されたという、最大分速750メートルの直行エレベーターだ。エレベーター内には速度メーターが設置されており、分速750メートルに達する様子を見ながらその加速を体感することができる。

スカイガーデンにはちょっとした喫茶コーナーも用意されているので、素晴らしい景観を楽しみつつお茶でも飲みながらのんびりするのもよいだろう。眺めが良いだけ、と言ってしまえばそれまでだが、やはり一度は登ってみるべきかもしれない。
大道芸
ドックヤードガーデン横のスペースでは大道芸が行われていて、大勢の見物客がその妙技に見入っていた。10月10日、11日の横浜は、「横濱JAZZプロムナード」のほか、「ブリティッシュ・モーターショー」や「ワールドフェスタ・ヨコハマ」、「赤レンガフェスタ」、「アート縁日」などのイベントも開催されており、ちょっとしたお祭り気分で盛り上がっているようだった。各イベント会場を巡るスタンプ・ラリーも開催されていたようだ。
ランドマークタワーの横には「日本丸メモリアルパーク」があり、共通の入場券で日本丸の船内と「マリタイムミュージアム」の双方を見学できる。ランドマークタワーと日本丸メモリアルパークだけでも充分に一日楽しめるだろう。
日本丸船上から見るランドマークタワー