横浜線沿線散歩街角散歩
町田市図師町
図師町の桜並木
April 2001
現況と異なる内容を含んでいます
図師町の桜並木
町田市図師町の北部、下小山田町との境近くを東西に抜ける道路は桜並木だ。桜の名所として知られる尾根緑道の入口付近からリサイクル文化センター前を経て、丘を降りて鶴見川を越え、日大三高前を抜けてゆく道路だ。バス路線も通る道路はあまり散策に向いているとは言い難いのだが、桜が満開の季節、丘を越え、川を越えて続く桜並木に誘われるように歩いてみた。
図師町の桜並木
尾根緑道入口から東に歩を進めると町田市のリサイクル文化センターがある。リサイクル文化センターもその敷地内に数多くの桜が植えられている。センターの横を北へ延びる道路はその片側がセンターの桜に縁取られ、緩やかなアップダウンを伴って下ってゆく道路の景色がなかなか美しい。センター前の道路の桜並木はまだ若木のようだが、満開の桜が立ち並ぶ様子はやはり美しいものだ。

図師町の桜並木
道路を挟んで斜向かいには町田市立の室内プールが建っている。その前を過ぎて東に進むと、道路は緩やかに丘を下ってゆく。途中、道路の南側に小さな公園があった。小さな丘の上の広場に、数本の桜がぽつりぽつりと立っている。近所の人なのだろうか、公園にはシートを広げてくつろぐ人の姿もあった。桜の名所として賑わう尾根緑道も近いが、敢えてこうした人の少ない場所を選んでのんびりと春のひとときを過ごすのもまた素敵なことであるような気がする。

図師町の桜並木
公園を後にしてさらに進むと、道路はやがて鶴見川河畔へ向かって降りてゆく。真っ直ぐに下る道路の先に向かって桜並木が収束してゆく景観が素晴らしい。坂を下りきって鶴見川を越えると、バス路線の通る県道と交差する。図師大橋のあたりから下小山田町、上小山田町を南北に抜けてゆく道路だ。

交差点とバス停には「日大三高入口」の名があり、ここから東へ登ってゆくと日大三高へと至る。日大三高前へ向かって道路は大きくカーブを描いて丘を登ってゆく。ずっと桜並木で、春の陽光を浴びて美しい景観を見せてくれている。日大三高前を過ぎると桜並木はますます素晴らしく、道は丘の向こうへと続いてゆく。
日大三高前の桜並木は町田市の桜の名所として数えられることもあるが、散策を楽しむ道としては誰にでもお勧めできるような場所ではないかもしれない。桜の季節に車で通り抜けてみるのもいいだろうし、この道路を通るバス路線に乗ってみるのも一興かもしれない。尾根緑道へのお花見のついでにリサイクル文化センター前あたりまで足を伸ばしてみるのもよいだろう。
追記 町田市リサイクル文化センター付近から町田市立室内プール前を経て、日大三高前まで至るこの桜並木の道路は、「さくら通り」と名付けられている。2001年春に歩いたときには通りの名を記した標識は無かった気がする。その後に設置されたものだろう。「さくら通り」という名自体も2001年春以降に定められたものかもしれない。
図師町の桜並木