横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市松が谷
東中野公園
April 1999
東中野公園
松が谷地区のほぼ南西部の角、「松が谷」バス停のすぐ横に、緑に包まれた公園がある。松が谷の商店街から歩道橋を渡ったところにあり、地元の人たちのための憩いの場として親しまれているようだ。

東中野公園
公園の横のバス通りから、木立の向こうに池があるのが見える。園内に入って行くと、緑に包まれた穏やかな水面が現れる。公園に降った雨水を集めたものだと案内板に書かれているが、亀や鯉の姿も見られ、なかなか風情のある池だ。野鳥も多く、カワセミなどの姿も見られるのだという。池の中央部に張り出すように東屋があり、お昼時にはそこのベンチでおにぎりやサンドイッチを頬張る人の姿などを見ることがある。池の右手を回り込むように岸に沿って散策路がある。歩きながら木々の間から見る池の姿もなかなかいい。

散策路をそのまま進むと、公園の南東側の広場に出る。トイレや遊具類を設置した広場だ。傍らの芝生のスペースには野外彫刻が展示されている。この広場の右手(北側)には小高い丘があって、三角点があることでも知られている。この丘の周囲は雑木林で、山道のような散策路もあり、木立の中の散歩を楽しむことができる。

東中野公園
そのまま進んで行くと、公園のもっとも南西の奥まった部分に芝生の広場がある。脇の方にはベンチなどが置かれていて、のんびりとくつろぐには良い場所だが、広場の周囲は木立が囲んでおり開放感はなく、森の中にぽっかりと空いた広場のようだ。広場の横の散策路をそのまま北に辿って行くと、分かれ道がいくつかあり、バス通り方面や公園の西側方面へと抜けて行くことができる。公園のすぐ西側から乳母が谷遊歩道が北に延びており、乳母が谷公園から松が谷高校方面に至る。

公園は八王子市松が谷に位置するが、公園の南西側はすでに多摩市で、すぐ近くに都立南多摩看護専門学校がある。松が谷の商店街に向かうのか、お昼時には公園の中を通り抜けて行く看護学校の学生たちの姿が多く、また広場のベンチなどではお弁当を広げる学生の姿も多い。

残念ながら園内にはゴミが目に付き、心ない悪戯書きなども散見された。やはり管理事務所を置いて常時管理していなければ公園は美しいままに保てないのだろうか。林の中に散乱するビニル袋を見下ろしながら陰鬱な気分になるのも事実だ。池は「釣り禁止」の表示があるにもかかわらず、釣り糸を垂れる高校生の姿もあった。公園を守るのは他ならぬ公園の利用者であるという単純明快な事実を、今一度自覚したい。

駐車場はないがバス停に近く、そういう意味では利用しやすい公園かもしれない。緑に包まれた静かな雰囲気はやはり素晴らしいものだし、松が谷地区を散策する機会があればぜひ立ち寄ってみたい公園ではある。
東中野公園