横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市神奈川区栄町
−神奈川公園−
桜咲く神奈川公園
April 2011
桜咲く神奈川公園
横浜市神奈川区の神奈川公園は市街地に位置する小公園という佇まいだが、そもそもは関東大震災からの復興事業として整備された公園のひとつだという。すぐ横を国道15号が通り、静けさは望めない公園だが、園内には木々が茂り、緑濃い様相を見せる。公園に茂る木々には桜の木もあり、春には美しい景観を見せてくれる。

桜咲く神奈川公園
神奈川公園の桜は決して数は多いとは言えない。公園全体でも20本あるかどうかというところだろう。横浜市の桜の名所として語られることもほとんどなく、“花見の名所”と呼ぶことは難しいだろう。しかし園内の桜はどれも大きな木ばかりで、満開の季節の公園はなかなか素晴らしい景観を見せてくれる。園内にはクスノキなどの常緑樹も多く、冬でも緑濃い公園なのだが、その緑の中に鮮やかに桜が咲き誇る様子は見事なものだ。桜の色と常緑樹の緑、ケヤキの新緑などが織りなす色彩のコントラストがたいへんに美しい。木々の緑を背景に春の陽光を浴びて桜が浮かび上がる光景などは実に素晴らしいものだ。辺り一面が桜に染め上げられるような“名所”も良いものだが、緑の中に混じって咲く桜は“桜の咲く風景”としての魅力に溢れている。そうした風景の好きな人にはお勧めかもしれない。

神奈川公園は子どもたちのための遊具類も備えており、普段は地域の人たちの憩いの場として親しまれている。桜の季節にも地元の人たちがお花見に訪れる程度なのかもしれない。国道15号を挟んだ南西側の丘の上に桜の名所として名高い幸ヶ谷公園があるから、お花見の人たちのほとんどはそちらへ向かうのだろう。桜の季節の神奈川公園は誰にでも勧められる“花見の名所”とは言い難いが、木々の緑と桜とが織りなす風景を楽しみたい人なら訪ねてみてもよいだろう。
桜咲く神奈川公園

桜咲く神奈川公園