横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市久保山町
久保山公園
April 2009
久保山公園
久保山町二丁目の南部に位置する公園で、北は宇津木台緑地に接する。特筆するほどの規模ではないが、町中の公園としては広いほうだろう。全体的に整備が行き届いて端正な印象の公園で、ときおり幼稚園や保育園などの遠足の場所に選ばれることもあるようだ。広場や遊具類もあり、休日に小さな子どもたちを連れて遊びに来るのにも良い場所だろう。

久保山公園

久保山公園

久保山公園
公園は南側からテニスコート、芝生の広場があり、広場の北は斜面となって丘陵部へと登る形となっている。広場の北の端、斜面の下には滑り台が設置してあり、子どもたちの人気の的だ。広場の隅には一般的な複合遊具も設置され、これは小さな子どもたちが遊んでいる。

斜面にいくつか設置してある散策路を登ると四阿のある「展望広場」、雑木林の残る「頂上広場」がある。さらにその奥は舗道を挟んで宇津木台緑地へと連なっている。なかなか広々として開放感のある公園だが、そもそも久保山町一帯が丘陵にあたり、特に「展望広場」やそこから「芝生広場」へと降りる斜面からは南側への眺望が開けて爽快な気分が味わえる。「展望広場」の一角にはかつて四阿が設けられていたが、現在では四阿は撤去され、基部だけが残されたところにテーブルが設けられている。

「展望広場」と「頂上広場」には桜があり、三月下旬から四月上旬の桜の季節にはお花見に訪れても楽しい。桜はソメイヨシノとヤマザクラとがあり、その微妙な違いを楽しむのも一興だ。桜はそれほど多くはないが、近所に暮らす人たちにとっては身近に楽しめるお花見の穴場といったところかもしれない。

駐車場はテニスコート利用者用のものしか無く、歩いて来るのが無理な人はバスを使うことになる。バスを「宇津木台中央」で降りると宇津木台中公園がすぐだが、そこから宇津木台緑地を抜けて久保山公園に至るコースというのはなかなか魅力的で遠足にも向いているだろう。久保山公園だけでももちろん魅力的なのだが、南北に連なる宇津木台中公園宇津木台緑地、そして久保山公園の三ヶ所をまとめてひとつの公園として考えるとさらに魅力は増すだろう。久保山公園から東へ延びる道路は百日紅並木で、七月末から九月上旬にかけて美しい景観を見せてくれる。百日紅の花期には足を延ばしてみるのも一興だ。

トイレは「芝生広場」の南の端に設置してある。近くにお店などは無いが、テニスコートの管理所前に飲み物の自動販売機が置かれている。宇津木台中公園近くの交差点の角にファーストフード店や大きなスーパーがあるので、そこでお弁当や飲み物などを調達してもよいだろう。
久保山公園