横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市南大沢
九反甫公園
April 2014
九反甫公園
南大沢四丁目の住宅街の中、九反甫公園という小公園がある。「九反甫」は「くたんぼ」と読む。公園横を通るバス通りを跨ぐ歩道橋に「九反甫歩道橋」と名が掲示されているから、地元の人でなくても「九反甫」の名に見覚えのある人は少なくないだろう。広場の中に遊具類を置いただけの小さな公園だが、近くに暮らす子どもたちの良い遊び場になっているようだ。
九反甫公園

九反甫公園

九反甫公園
公園内の広場脇に「九反甫」の由来を記した案内パネルが設置されている。その記述によれば、昔この辺りには「みの田」と呼ばれる小さな田圃がたくさんあったそうで、“たくさんある”ことを「九」で表現して「くたんぼ」になったとも、それらの小さな田圃をすべて合わせた面積が「九反歩(1反歩は約990平方メートル)」あったのでこの名になったともいい、さらに他説もあり、はっきりとはわからないようだ。現在はもちろん周辺は南大沢四丁目の住宅街で、かつてそのような田圃があったことを想像することさえ難しく、多摩丘陵の変遷のひとつを見る思いがする。

公園は3500平方メートルほどの面積の小さな街区公園で、ほぼ四角形をした広場に各種の遊具類が設置されている。公園の東側は一段高くなって舗道が延びている。この舗道は南大沢駅の南側の南大沢中郷公園から南へ延びてきており、そのまま「九反甫歩道橋」となってバス通りを跨ぎ、南側の住宅街へ繋いでいる。

公園には東側舗道との段差を利用して滑り台として使えるスロープが設置されている他、各種の遊具が配され、子どもたちの遊び場としての目的を果たすように造られている印象だ。園内にはケヤキやクスノキなどの樹木が育っているが、鬱蒼とした印象はなく、明るく開放感があり、それも子どもたちの遊び場としての安心感に繋がるものだろう。小さな公園ながらトイレが設置されているのも嬉しい。

今回訪れたのは四月下旬、土曜日の午後、公園内では小さな子どもを連れた家族や小学生のグループが遊んでいた。公園内の木々は春の日差しに輝き、特に広場から東側を見れば、舗道脇に植えられた木々が新緑に萌えて美しかった。脇の方では少しだけだがツツジが咲いており、園内に色彩を添えていた。
九反甫公園は近くの住宅街に暮らす人たちのための小さな公園で、来訪者を迎えるような性格は持っていない。南大沢の舗道を辿って散策する機会があれば、少しだけ立ち寄り、「九反甫」の由来に思いを馳せるのも一興かもしれない。公園東側の舗道を北へ辿れば南大沢中学校の脇を抜け、溜池公園の横を通り、南大沢中郷公園へ至る。途中、南大沢中学校の南側を東へ折れれば大平公園にも近い。九反甫歩道橋を渡ってバス通りの南側へ歩を進めれば、都立小山内裏公園の東端部に近い。それらを巡りながらの散策も楽しい。
九反甫公園