横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市南大沢
大平公園
April 2014
大平公園
京王相模原線南大沢駅の南方、南大沢三丁目の中央あたりに大平公園という公園がある。3.5haほどの面積は特筆するほどの広さではないが、広場や雑木林などもあり、住宅街の中に設けられた公園としては規模の大きなものと言っていい。付近に暮らす人たちのための日常的な憩いの場としては充分なものだろう。
大平公園/大平池
公園の南東側の部分には「大平池」という池がある。造成前からこの地にあったものなのか、公園として整備した時に人工的に造られた池なのかはわからないが、公園の景観に潤いを与えている。池の水は雨水を集めたものらしい。池の中程には橋が架かっており、風景のアクセントになっている。池の脇には子どもたちのための遊具や砂場などがあり、母親に連れられた小さな子どもたちが遊ぶ姿を見ることもある。

大平公園/大平池越しに見る雑木林
橋を渡った池の西側、公園の中央部分を占めるのは雑木林だ。林の中に散策路があり、のんびりと散歩するのに良い場所だ。秋にはドングリがたくさん落ちていて、ひとときドングリ広いに興じるのも楽しい。雑木林の南側は展望台になっていて、そこから池へ向かって小さな流れも造られている。雑木林の西側、公園の西の端にあたる区画にはテニスコートが設けられている。砂入り人工芝コートが2面だそうだ。

大平公園/ひねもす亭からの眺望
テニスコートの横の舗道を北に向かって歩いて行くと「ひねもす亭」という名の屋根付きの大きな休憩所がある。その北側、ちょうど公園の北西の角に当たるところは「展望テラス」と名付けられ、雛壇型の展望台が北へ降りている。「展望テラス」の最上部に「ひねもす亭」が建っているという形で、そこからは北に向かって南大沢の住宅街への眺望が開けている。大平公園の中で最も開放感のあるところだ。

大平公園/ころがり坂
「ひねもす亭」とテニスコートの間の舗道を西へ歩くと大きく左へ曲がって下り坂となっている。坂を下りきったところ、すなわち坂の上り口には「ころがり坂」と刻まれた石柱が立っている。どうやらこの坂には「ころがり坂」という名があるらしい。公園が整備される以前からの坂の名なのだろうか。昔からの名だとすれば何か由来があるのだろうか。公園として整備された際に名付けられたものだとすれば、なかなか気の利いたネーミングではないだろうか。

大平公園/自由広場
「ひねもす亭」とテニスコートの間の舗道を東へ降りると「自由広場」だ。周囲を木立に囲まれて芝生の広場が広がっている。特に何も無い原っぱなので小さな子どもたちが走り回って遊ぶには最適だろう。この広場を利用して地元のお祭りなどのイベントも開かれるらしい。開放感には少しばかり乏しいが、適度な“囲まれ感”が落ち着いた印象だ。広場の周囲には大きく枝を広げたケヤキなどが並ぶ。初夏の日差しを浴びた木々の姿も美しい。
大平公園
大平公園は基本的には南大沢に暮らす人たちのための公園であり、行楽目的で遠方から目指してくるような性格の公園ではないと思うが、園内には池があり、雑木林があり、広場があり、展望台があり、変化があって楽しく、来訪者の立場でも充分に魅力的だ。小さな子どものいる家族ならお弁当を持ってピクニック気分でやってきても楽しめるだろう。

残念ながら来園者用駐車場は無いが、南大沢駅から歩いても20分ほどで着く。公園東側の道路を通るバス路線(南大沢団地循環)もあり、「大平公園」バス停もあるから南大沢駅からバスを利用してもいい。

大平公園北側の舗道を東へ辿れば清水入緑地が近く、西へ辿れば別の舗道へ合流して九反甫公園溜池公園南大沢中郷公園へと繋いでいる。それらを巡りながら、舗道を辿っての散策も楽しい。
大平公園

大平公園

大平公園