横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市鶴牧
鶴牧第二公園
April 2005
鶴牧第二公園
鶴牧五丁目に「鶴牧第二公園」という小さな公園がある。この公園自体はこれといって特筆するほどのものもないような街角の小さな公園だが、北東側は広い道路を人道橋が跨いで奈良原公園と繋がり、この付近一帯がひとつの大きな公園として機能しているような観がある。

鶴牧第二公園

鶴牧第二公園
公園は北東から南西の方角にかけて細長く延びている。中央部は草はらの広場で、広場の周囲を木立が囲んでいる。広場を囲む木立は桜で、ソメイヨシノの他にも遅咲きの八重桜も植えられており、三月下旬から四月下旬にかけて公園は美しい表情を見せる。外周部は北西側に行くに従って少し高くなり、広場との境はスロープに造られ、そのスロープを利用して滑り台などの遊具が設置されているのがちょっと面白い。遊具は南西側の端にもブランコなどが設置されているが、必要最小限といったところか。訪れた時にはお母さんに連れられた小さな子どもが広場で遊んでいた。

公園の北西側の端は小高い丘のように造られており、ちょっとした展望台が設けられている。展望台からは周囲への視界が開けて爽快な眺望が楽しめる。この公園は、実は桜の名所として名高い「富士見通り」の延長上に位置し、桜が満開の時期にこの展望台から望む富士見通りの景観はとても美しい。桜の季節に付近を散策する機会があれば、ぜひこの公園まで足を伸ばしてその風景を楽しんで欲しいと思う。

南西側のすぐ下を尾根幹線が通っており、その尾根幹線を跨いで人道橋が南側へ繋いでいる。この人道橋は、公園側では二本の舗道なのだが橋の中央部分でひとつにまとまり、南側では一本の舗道になる。ちょうどアルファベットの「Y」の文字を連想してもらえばいい。橋の名も「Y字橋」というらしい。この「Y字橋」を渡って尾根幹線の南側へ渡るとすでに町田市下小山田町との市境が近く、下小山田町に位置するゴルフコースが眼前に迫っている。この市境に沿うように「多摩よこやまの道」という散策コースが整備されており、「Y字橋」は、この「多摩よこやまの道」にそのまま繋がっている。
鶴牧第二公園