横浜線沿線散歩街角散歩
横浜市青葉区寺家町
山百合の咲く寺家ふるさと村
July 2009
山百合の咲く寺家ふるさと村
七月半ば、まだ梅雨が明けていないが、”梅雨の晴れ間”から夏空が顔を覗かせる。何とか晴天に恵まれた日、寺家ふるさと村を訪ねた。多摩丘陵の自然をよく残す寺家ふるさと村では山百合の姿を見つけられると思ったからだった。すっかり夏の装いになった寺家ふるさと村で山百合を探そう。
山百合の咲く寺家ふるさと村
山百合は熊野神社の参道、鳥居をくぐって上る石段ではなく、横手に設けられた斜路脇の斜面にたくさん咲いていた。どの株も二輪、三輪の花をつけている。十輪ほどの花を咲かせている古い株もある。道脇の斜面の高みに咲いているため、見上げなくてはならず、写真を撮るにも苦労するのが難点だが、なかなか見事な山百合だ。

むじな池の周辺では池の北側の山裾でいくつか山百合の姿を見つけることができた。あまり数は多くなく、一輪だけの花をつけたものがほとんどだ。注意深く目を凝らすと山百合の蕾も見つけることができたから、日を変えて訪れればまた別の山百合を見つけることもできるだろう。
訪れたときはまずは「四季の家」に立ち寄り、案内所で情報収集してゆくことをお勧めする。山百合の姿はなかなか見つけにくい。漫然と歩いていてはもちろん、注意を払っていても見過ごしてしまうことが少なくない。昨日咲いていた場所に今日も咲いているとは限らない。山百合がどこで見られるか、現地の情報を仕入れるのは大切なのだ。七月半ば、寺家町の水田には青々と稲が育っている。山々も緑濃く、すっかり夏の気配が漂っている。山百合の花を探しつつ、夏の訪れを感じながらの散策が楽しい。
山百合の咲く寺家ふるさと村

山百合の咲く寺家ふるさと村