横浜線沿線散歩街角散歩
多摩市唐木田
唐木田の街
May 2000
唐木田
多摩市の西端、八王子市と町田市に接して唐木田の街がある。ほぼ中央を尾根幹線の広い道路が東西に抜け、その南側には多摩ニュータウン清掃工場や大妻女子大、大手企業の研修センターなどが並ぶが、北側は整然とした住宅街だ。多摩ニュータウンの中でも比較的若い唐木田の街を歩いてみた。
唐木田と言えば小田急多摩線の唐木田駅の名を思い浮かべる人も多いと思うが、地図の上で見ると駅は実際には唐木田の北側の中沢に位置しており、その改札口が唐木田の街に向かって開いている。駅は現在(2000年5月)のところはターミナルで、その印象からか、唐木田は多摩ニュータウンの最も奥まったところという印象もなくはない。

唐木田駅前
駅を出て東に向かうと広いバス通りを越えてその向こうには鶴牧の街が広がっており、鶴牧西公園にも近い。駅の西には唐木田の住宅街があるが、尾根幹線と北側に広がるゴルフコースとに挟まれてこぢんまりとした雰囲気も感じる。尾根幹線の南には大妻女子大、短大などの校舎があり、そこの学生が唐木田駅を利用することもあってか、駅からの通学路にあたる道路沿いにはちょっとお洒落な喫茶店などもあったりする。

唐木田の住宅街の北にはゴルフコースの広大な敷地が八王子市と多摩市の市境を跨いで広がっており、その外郭に沿って中沢から唐木田一丁目にかけて「からきだの道」という遊歩道がある。ゴルフコースの外郭に辿るように造られた「からきだの道」はかつて造成前のこのあたりの様子を今に伝えようという主旨のものなのだろう。
稲荷神社
唐木田一丁目のほぼ中央あたり、尾根幹線の道路沿いに唐木田公園という小さな公園がある。広場があるだけの小さな公園だが、その横の稲荷神社に興味を覚える。敷地には自治会館が建ち、神社自体は造成後に再建されたものだが、整然とした近代的な住宅街の中にこうした神社があることが、この街の成り立ちを表しているようで興味深い。

神社の敷地内の片隅にひっそりと記念碑が立っている。かつての唐木田は二十数戸の民家が点在するだけの、山並みに囲まれた静かな農村であったが、多摩ニュータウンの造成によって地形は一変した、との旨の文章が書かれてあり、当地の発展と開発の波に埋没した先祖の霊の供養のためにこの碑を建立した、とある。ほんの短い碑文だが、この文章が秀逸である。大規模開発の弊害を責めるでもなく、失った古来の風景を懐かしむでもなく、嘆くでもなく、事実が言葉少なにただ淡々と綴られているだけなのだが、事実の重みというのか、何故か胸を打つものがある。それはまるで一編の詩のようでもある。
唐木田の住宅街
唐木田一丁目の、特に「からきだの道」に近い北側の通り沿いの街並みはなかなかお洒落な雰囲気だ。建ち並ぶ住宅も凝った意匠の建物が多く、花々で飾られた家々を眺めながらの散策も楽しい。この辺りを歩くと、街造りの考え方が多摩ニュータウン内でも微妙に違うのに気付く。永山から落合にかけてのあたりなどは明らかに人車分離の考え方で造られており、車道とは完全に分離された舗道が縦横に伸びているのだが、唐木田一丁目の街並みにはそれがない。住宅街の中を抜ける道路は石畳や適度な屈曲が与えられて通り抜けの車を柔らかに排除するように造られており、そこに暮らす人々の車だけが静かに生活の中に取り込まれている。こうした街造りの背景には地形的な問題もあったのかもしれないが、実際の印象として見れば人の暮らす街としてこれがごく当たり前の在り方のようにも感じる。
李久保公園のシラカシ
唐木田一丁目の住宅街の中央あたり、やや北寄りに李久保公園という小さな公園がある。広場と遊具があるだけのこれも小さな公園だが、片隅にシラカシの樹が印象的に立っており、その傍らに「あらたの辻」と記された案内板がある。このあたりは昔は「荒田」と呼ばれ、辻に杉の大木があり、その根方に石仏があったのだそうだ。案内板には「(そうしたかつての風景を)記憶にとどめておくためにシラカシの大木を植えた」との旨のことが書かれてある。

「からきだの道」の途中にもさまざまな古来の地名の由来などを記した案内板もあり、かつての風景を想像しながらの散策も楽しい。唐木田駅前の広場の脇に立てられた街の案内図の裏には唐木田の歴史や昔の地名の由来などが記されており、これも興味深いものだ。
市境を跨いで広がるゴルフコースのために多摩市側と八王子市側とに分断されている観のある多摩ニュータウンだが、唐木田の街はその両者を繋ぐ位置にある。隣接する八王子市別所の街の開発の進行とともに唐木田の街の様相も少しずつ変わってゆくのかもしれない。唐木田の街の南には今なお自然をよく残す町田市上小山田町が隣接し、唐木田の街からもその緑濃い雑木林の丘陵が見える。かつてはこの唐木田もあの丘陵の連なりの一部であったのかと、ふと思ったりもする。
唐木田