横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市鶴牧
鶴牧西公園
May 2000
現況と異なる内容を含んでいます
鶴牧西公園
多摩市鶴牧の西部に位置するこの公園は、おそらく造成前には谷に面した丘陵の斜面だったのだろう。公園として整備された現在も園内には雑木林なども残され、往時の面影を保っている。公園は広く、東側には芝生の広場が置かれ、西側は斜面となって昔の山里の風景を彷彿とさせるイメージに整備されている。
鶴牧西公園
公園の東南側に位置する芝生の広場は「みどりの広場」と名付けられ、明るく開放的な雰囲気が魅力だが、広場の木立がまだ小さいためか、何となく落ち着かない気もする。広場の随所には各種の運動用の器具が設置されている。「みどりの広場」の北東には「みどりの家」という建物がある。建物の一角はトイレや管理所などを兼ねているようだが、メインとなる建物自体はがらんどうのホールのような場所で、各種のイベントなどに使用する目的なのだろう。

「みどりの広場」と「みどりの家」が位置するあたりは園内の高所にあたり、北方には多摩センター駅付近の景観なども望める。「みどりの家」の傍らからは歩道橋が東の道路を越えて鶴牧東公園の横へと繋いでいる。

鶴牧西公園
「みどりの家」の北側には斜面が降りており、斜面は雛壇状に整備されてその中を小道が通る。「果樹の谷」と名付けられているところを見ると各種の果樹が植えられているのだと思うが、まだ公園自体が若いこともあって木々は育ってはいない。「果樹の谷」の小道脇には随所に野菜などを象ったオブジェが置かれていて、本物そっくりの形状がなかなか楽しい。

「みどりの広場」の北方、公園の中心部にあたる場所には円形の現代的な造形の一角があり、そのほぼ半分ほどは全体がオブジェを思わせる設備の池と滝になっている。その印象的な意匠はよく目立ち、公園のシンボルのようなものかとも思うが、この公園の全体的な印象から見ると少々不釣り合いな気がしないでもない。
鶴牧西公園
公園の北側には公園の三分の一ほどの面積を占めて雑木林と竹林が残されている。林の中には散策路も整備されているが、のんびりと散策を楽しむには少々規模が小さく、公園内に辛うじて残されたという様子が少々哀しくもある。公園の西側はかつての谷戸であったのだろう。「お茶の谷」や「花の谷」などと名付けられて整備されているが、往時の多摩丘陵の面影を伝える風情が魅力的だ。中ほどには水の流れがあり、自然の渓流を模した様子がいい。

鶴牧西公園
西側の端の一角には昔の農家を模した造りの休憩施設がある。この施設は各種サークルや団体などの使用に貸し出してもいて、土間と「奥の間」などを利用することができる。多摩市内に在住・在勤・在学の人なら一施設一時間あたり200円で、市外の人でも400円で借りることができる。貸出時間は 9:30〜16:00で、受付・問い合わせは多摩市公園緑地課ということだ。

農家風の休憩施設のある横には公園の敷地に囲まれるようにして一件の民家がある。多摩市の天然記念物にも指定されている有名なシダレザクラのある川井家で、春の開花のシーズンにはこの桜を観賞しようと多くの人が訪れる。桜は公園内から見ることができるが、あくまで一般の民家の敷地内にある樹木であるので、観賞時には充分に配慮が求められるものだろう。
追記 「川井家のシダレザクラ」は樹木と周辺の土地が川井家から多摩市に寄付され、鶴牧西公園の一部ということになった。それでも一般の民家に隣接しているという状況は変わらない。鑑賞の際には配慮されたい。
公園はさらに南西の方角へ延びており、すでに小田急線の唐木田駅が近い。公園から出て北西へ少しばかり歩くと片側二車線の広い道路を隔ててその向こうは中沢と唐木田になる。その街並みの向こうにはこんもりとした雑木林が見えるが、これは「からきだの道」として整備された散策路の木立で、さらにその向こうには八王子市と多摩市にまたがってゴルフコースが広がっている。

トイレは農家風休憩施設と「みどりの広場」の西端、「みどりの家」に設置されている。駐車場は「みどりの広場」の西、公園の南端部分にあたる場所に設置されており、駐車スペースも余裕があるが休日などには満車となっていることが多いようだ。陽気の良い日などに家族で出かけるのにはなかなかよいかもしれない。
鶴牧西公園