横浜線沿線散歩街角散歩
川崎市麻生区上麻生〜横浜市青葉区寺家町
鶴見川河畔
(上麻生〜寺家)
October 2001
鶴見川河畔の釣り人
十月の半ば、すっきりとした晴天に誘われて川岸の散歩に出かけた。横浜線から町田で小田急線に乗り換え、柿生で降りて、南へ向かうというコースを選んでみた。特に目指すところがあるわけではないのだが、川に沿って寺家のあたりまで歩いて、寺家の散策を楽しむのも悪くないように思えた。
柿生駅
小田急線柿生駅は決して大きな駅ではないが、周辺には商店なども多く、なかなかの賑わいを見せている。北側には小田急線の線路に沿うように津久井道が通っており、終日交通量は多い。南口側は決して広くはない道路沿いに商店などがひしめき合っている感じだ。この道路をバス路線も通っており、駅前には小さいながらバスターミナルもあって少々混雑する。駅の南東側の一帯は開発が進んでいるとは言え、まだまだ緑も多い。緑地や寺社などを繋いだ散策コースとしても知られ、柿生駅南口の傍らに散策コースの案内板も設けられている。

繁華な駅前を後にして、駅前を抜ける道路に沿って南へ向かう。やがて商店が疎らになり、周囲の緑が目に付くようになる。しばらく進むと浄慶寺の傍らを過ぎる。浄慶寺は境内から裏山にかけての紫陽花が見事で、初夏の開花期には紫陽花祭りなども催されて賑わう。さらに進むと県道横浜上麻生線へと抜け出る。仲村橋の交差点だ。

麻生川
仲村橋は鶴見川の支流である麻生川に架かる橋だ。県道横浜上麻生線の西側へと交差点を渡って、麻生川に沿って南へ向かう。麻生川の両脇には道路が沿っていて川面を眺めながら歩くことができる。遊歩道というわけではなく、車両の通行もあるので注意が必要だが、横浜上麻生線の歩道を歩くよりはずっと快適だ。麻生川は護岸工事の成された大きな側溝のような川で、河畔の散策の風情といったものはあまり感じることはできないが、秋の陽射しを浴びて煌めく水面の様子などはやはりよいものだ。川面を覗き込むとあちこちに鯉の泳ぐ姿がある。水もなかなか澄んでいるのだ。

川面や周囲の景観などを眺めつつ歩いてゆくとすぐに新三輪橋に着く。新三輪橋はその名の通り、町田市三輪町の中から横浜上麻生道路へと出てきた道で、西へ辿れば三輪緑山の住宅地などもあり、さらに緑山から上麻生を繋ぐ近道としても機能することもあって交通量は少なくない。交差点には信号待ちの車の列が連なっている。ここから三輪町へと散策の足を延ばすのもよいのだが、今回は川に沿って南下することにした。川はこのあたりで南向きからゆるやかに東へと流れの方向を変えている。

このあたりは麻生川がちょうど県境で、川の北側は川崎市上麻生、南側は町田市三輪町になる。ただし地図で見ると麻生川が蛇行して流れていた当時の境界線のままであるらしく、境界を示すラインが川に沿ってくねくねと続いている。どこかで大規模な工事が行われているらしく、大型のダンプが河畔の道を行き来し、誘導の警備員が立っている。危険でもあり、歩いていても楽しくはないので、川の南側から北側へと渡る。やがて亀井橋、麻生川と鶴見川との合流点が近い。

鶴見川麻生川合流点
護岸工事によって固められた川は風情という点では魅力的とは言えないが、それでも合流点の景観は興味を覚えるものだ。人工物の見せるダイナミズムとでもいうのか、それなりに見応えのあるものではある。合流するふたつの流れによって合流点の流れは複雑に入り組み、わずかだが瀬と淵らしき部分も生じている。淵に相当する流れの滞った部分には鯉が群れている。

さらに進むと恩廻橋。「おんまわしはし」と読む。橋の下にはおびただしい数の鯉が泳いでいる。橋を渡って川の南岸に移る。このあたりは住所は麻生区下麻生だが、南には三輪町や寺家町が近く、緑の木々に覆われた丘が視界の背景に見えている。河岸の景観も緑が多く、のんびりとしたものに変わった。やがて鶴見川はふたたび南へ向けて流れの方向を変え、真福寺川との合流点を過ぎて水車橋、このあたりから川の西岸は横浜市青葉区寺家町だ。緑ゴルフコースのフェンスが緑の木立の中に見えている。

緩やかな曲線を描いて流れる鶴見川、東岸は横浜上麻生線も近く、住宅が並んでいるが、西岸は寺家町の穏やかな景観が広がっている。途中、小さな川が麻生区側から合流し、その横の河原では数人の釣り人の姿があった。そこを過ぎると間もなく寺家橋、傍らには「寺家ふるさと村」を示す石柱が立っている。河岸を離れ、寺家ふるさと村方面へと歩を進める。道脇の畑には柿の木が多く植わって実が熟している。それを狙って野鳥の飛来する姿があった。

寺家の秋
寺家はすっかり秋だ。水田はすでに刈り取りを終えている。寺家の北側の谷戸に進んでみたが居谷戸池の近くで大きな建物が建設中だった。「老人ホーム」と書かれてある。居谷戸池の横から尾根を越えて新池の横へと抜け出てみた。水車小屋の傍らではコスモスが風に揺れている。この日も寺家を訪れて散策を楽しむ人の姿が多い。大池に至る道の途中で、テレビ番組のロケなのか、撮影が行われていた。見たことのある俳優の姿があったのだが、どうにも名を思い出せないのだった。
寺家に近いあたりの鶴見川河畔は緑多い周囲の景観を楽しみつつののんびりとした散策が楽しめるが、麻生川河畔はそれほど散策が楽しいところではない。寺家に訪れた際に鶴見川河畔にも足を延ばし、少し河畔の散策を楽しむというのがよいかもしれない。
寺家の秋