横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市麻溝台
−相模原麻溝公園−
百日紅の咲く相模原麻溝公園
September 2002
百日紅の咲く相模原麻溝公園
相模原麻溝公園の「花の谷」で百日紅が美しく咲いていると聞いて出かけてみた。すでに九月上旬だったために盛りを過ぎてしまった観はあったが、充分に期待に応えてくれた美しさだった。

百日紅の咲く相模原麻溝公園
百日紅の花は「時のトロンダ」を囲む広場から「花の谷」へと降りる階段脇、車椅子やベビーカーなどのために設けられたスロープの部分に植栽されている。ここの百日紅は一般に見かけるものとは違って園芸用の矮性の品種だということで、樹高は1メートルほどしかなく、およそ「木」というイメージではない。矮性の園芸品種である旨を記したプレートが設置されていなければ、詳しくない人は百日紅によく似た別の植物だと思ってしまうかもしれない。

百日紅は並木や一般の家々の庭木などで夏の景色を彩ってくれる花だが、たいていは眼の高さから見上げるくらいの位置で花を見る。こうして膝丈ほどの位置に咲く百日紅というものもなかなか新鮮なもので、力強く枝を伸ばす「樹木」としての百日紅とはまた違った魅力で楽しめる。

隣接する相模原公園にも百日紅の木があり、こちらは剪定もなされていない自然のままの樹木としての百日紅が楽しめる。個人的には「樹木」としての百日紅に魅力を感じるが、どちらが良いかは個人的な好みもあるだろう。どちらもそれぞれに美しく、好対照な百日紅の双方を楽しんでおきたい。
百日紅の咲く相模原麻溝公園