横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市麻溝台
相模原麻溝公園
June 1999
現況と異なる内容を含んでいます
相模原麻溝公園
相模原麻溝公園は県立相模原公園に隣接する相模原市立の公園で、のんびりと穏やかな印象の相模原公園とは対照的に各種施設の充実ぶりが特徴だ。特に子どもたちの遊び場としては魅力的なもので、休日ともなると多くの家族連れで賑わっている。
ほぼ長方形をした公園は南北に長く、面積から言えば相模原公園の半分ほどしかない(1999年6月現在)ようだが、それでも充分に広く、特に公園の中央部を占める芝生の広場は広々とした開放感に溢れている。芝生の広場を取り囲むようにフィールドアスレチックや「ふれあい動物広場」などの各種施設が設置されている。

「時のトロンダ」
北東側の管理事務所のある一角は一段高くなっており、この辺りがこの公園のメインの入口という位置づけだ。管理事務所から西に向かうと円形のスペースがあり、その中心には「時のトロンダ」という花時計が設置してある。この一角が「センター広場」で、高台となった広場から公園の様子を見渡すことができる。「センター広場」から北へと道路を渡るのが「りりちゃん橋」で、これを渡るとその先は県立相模原公園だ。

「水の広場」
「センター広場」から西側へ階段を降りると「水の広場」だ。円形に配置された八対の小動物のブロンズ像から円の中心に向かって噴水が出る仕掛けで、その円の中にもまた下からの噴水が設置してあり、噴き出る水の美しい表情を楽しむことができる。夏の暑い季節になれば、子どもたちの水遊びの場所になることは言うまでもない。「水の広場」の周囲から「センター広場」に目を向けると円錐状の斜面を彩る大花壇の花々が美しい。

「樹林広場」
「水の広場」、「センター広場」の南側の窪んだ場所は「花の谷」だ。その名の通り、四季の花々が散策の眼を楽しませてくれる。「花の谷」を南に上がると「樹林広場」で、規模は小さいながらも木立に囲まれた穏やかな空間になっている。その南側には「ふれあい動物広場」があり、小動物の展示やバードケージなどもあり、ちょっとした動物園のようだ。子どもたちにはポニー乗馬場が人気のようだ。

「芝生広場」と「グリーンタワー相模原」
「樹林広場」と「ふれあい動物広場」の東側に広がるのが「芝生広場」だ。ほぼ長方形で平坦な広場で、隣接する相模原公園の芝生の広場と比べるといかにも人工的な雰囲気もあるが、それでも充分に開放感はあって気分がよい。シートを広げてお弁当を食べたり、のんびりとくつろぐ家族連れの姿も多い。広場の真ん中辺りで仰向けに寝ころんでみると、その爽快感はなかなかのものだ。

「芝生広場」の北東の角に「グリーンタワー相模原」という展望塔がある。公園のシンボルであるというその塔は高さが55メートルあり、公園内のどこからでも、また隣接する相模原公園からもその姿が見えている。エレベーターで高さ38メートルの展望室に上ると、展望窓の向こうには素晴らしい景観が広がっている。相模原麻溝公園と相模原公園のすべてを見渡せるし、周囲の街並みはもちろん、丹沢や多摩丘陵の山々、視界が澄んでいれば横浜、湘南あたりまでの景観が楽しめるのだという。

「フィールドアスレチック」
その展望塔の足元、「芝生広場」の北側に巨大な足跡の造形の施設があるが、これは「子どもの広場」と名付けられていて、砂場や遊具類などが設置され、特に小さな子どもたちのためのスペースだ。

「芝生広場」の東側には林がある。林の中はフィールドアスレチックだ。よくある「フィールドアスレチック風の遊具」というのではなく、本格的に設計されたフィールドアスレチックで、1施設で二通りの種目に使えるものが20施設用意されており、計40種目に使用できるようになっている。通常は小学生くらいの子どもたちに人気の遊び場となっているようだ。
「水の広場」付近から「センター広場」方向を見る
子どもたちの遊び場としての施設が充実し、さらに「ふれあい動物広場」などもある相模原麻溝公園は、休日には遊園地さながらに過ごすことができるだろう。緑多い穏やかな印象の相模原公園が隣接しているのも、その双方にとってプラスになっているようだ。元気に遊び廻りたい子どもたちにはこちらで、のんびりとくつろぎたい大人たちは相模原公園でと、うまく使い分けると双方の公園はさらに魅力的なものになるだろう。

相模原麻溝公園はまた、クレマチスやアジサイの名所としても知られている。アジサイは相模原市の花だが、クレマチスは「公園の花」なのだそうだ。特に四月から梅雨時にかけての公園内はそうした花々で彩られ、それらの鑑賞目的に訪れる人の姿も少なくない。

駐車場は公園の西側の一角に第1駐車場が、「芝生広場」の南側に第2駐車場が、さらにそこから道路を隔てて第3駐車場が用意されており、いずれも無料。駐車スペースはかなりの余裕があるが、人気のある公園なのでお天気の良い休日などには早い時間に出かけなければ満車となってしまうかもしれない。
遊具で遊ぶ子どもたち紫陽花
追記 上記内容は1999年6月に訪れたときのものである。その後、「ふれあい動物広場」の西側、道路を挟んで第4駐車場が設けられている。2006年初夏には「樹林広場」の一角に「COMMON」という名のオープンカフェが開店、コーヒーなどのドリンク類に加え、パスタなどの軽食も販売している。
相模原麻溝公園