横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市南大沢
南大沢うずまき公園
June 2005
南大沢うずまき公園
八王子市南大沢五丁目の西部に「南大沢うずまき公園」がある。公園の広場の中央に渦巻き状に造られた水路があり、そこからこの名となったのだろう。周辺は閑静な住宅街で、車両の通行する道路からも離れ、緑に包まれた公園は静かで穏やかな空気に満たされている。
南大沢うずまき公園
公園は南大沢五丁目のほぼ中央を貫くように延びる舗道沿いに設けられている。この舗道沿いには「南大沢うずまき公園」の他にも公園や緑地が点在しており、公園に流れる水路はさらに南西に位置する「南大沢緑地わきみず広場」に端を発している。「わきみず広場」から舗道脇を流れてきた水路が「うずまき公園」の草はらの広場へと導かれ、広場で二重三重に緩やかな螺旋を描き、やがて広場中央の排水口へと注ぐ形になっている。遊び心溢れる楽しい設計だという気がする。水路はもちろん人工的なものだが、自然石を用いて無機質な印象にならないような配慮がなされている。初夏から夏にかけての季節には、この水路は子どもたちの水遊びの場所となるようだ。訪れたときも近くの幼稚園の子どもたちが遊んでいた。遊具類は置かれていないが、この「うずまき」を描く水路が充分に公園の魅力になっていると言えるだろう。
公園の場所は舗道が丁字路の交差点を成すところの角にあり、北西側へと延びる舗道を挟んで「南大沢緑地たきの広場」がある。「うずまき公園」の中央で地中に消えた水の流れはここで再び地上に現れ、舗道に沿って南大沢五丁目の街の中を北東の方角へと流れてゆく。

「南大沢うずまき公園」自体は小さな公園だが、「南大沢緑地」が隣接し、さらに横を辿る舗道そのものも水路や並木に彩られて「緑道」といった様相を見せており、これらすべてを合わせてひとつの公園として機能していると言ってもいい。そしてまた南大沢五丁目の街並みそのものもたいへんに美しい佇まいを持っており、来訪者の立場での散策も充分に楽しめる。東南側の住宅街を抜けて道路を渡ると内裏谷戸公園が近い。公園脇の舗道を辿って西南の方へと進めば都立小山内裏公園へと続いている。
南大沢うずまき公園