横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市下溝
−相模原公園−
新緑の相模原公園
April 2008
新緑の相模原公園
四月の下旬、相模原市の県立相模原公園は瑞々しい新緑に包まれ、随所に設けられた花壇でさまざまな花が咲いて散策の目を楽しませてくれる。

新緑の相模原公園

新緑の相模原公園
この時期、相模原公園の「噴水広場」はメタセコイアの新緑が取り囲む。メタセコイアは円錐形の樹形が美しい樹木だが、新緑の頃はひときわ美しいように思える。「噴水広場」ではシートを広げてのんびりとランチタイムを楽しむ人たちの姿がある。その「噴水広場」横、グリーンハウスに近い辺りにはチューリップの植えられた花壇がある。地元の子どもたちや有志のグループの方々の手によって植えられたもののようだ。さまざまな品種のチューリップが植えられた花壇は鮮やかな色彩が美しく、小規模ながらなかなか見事なもので楽しめる。「紅葉の丘」へと進むと、散策路脇に八重桜が咲いている。数はあまり多くないが、新緑の中に濃いピンクの花が美しいコントラストを見せる。管理事務所周辺の花壇でもさまざまな花が植えられており、これも見逃せない。

四月下旬の相模原公園は新緑に包まれての散策が爽快な気分を味わえて楽しいが、その中に彩りを添える花壇の花々を探しながら歩くのとさらに楽しい。隣接する相模原麻溝公園でもいろいろな花が咲いている。併せて訪ねてみるのがお勧めだ。
新緑の相模原公園