横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市下溝〜麻溝台
相模原公園
June 1999
現況と異なる内容を含んでいます
相模原公園
相模原公園は規模の大きな県立の公園だ。公園全体が都市緑化植物園としての意味合いもあるということで、特に花々や緑に親しむ施設が充実している。芝生の広場や「噴水広場」、しょうぶ園などからなる公園は広々とした開放感が素晴らしく、相模原市立の相模原麻溝公園が隣接していることもあって多くの利用者で賑わっている。
JR横浜線やJR相模線、小田急線の駅からバス路線もあるが、少々駅から遠いこともあってほとんどの人は車で訪れることだろう。公園の西側に駐車場が用意してあり、駐車場から「クスノキゲート」と名付けられた入口を通って公園内に入ると、左手に公園の管理事務所などの建物があるのが見える。

「きらめきの流れ」
そのまま進むと「きらめきの流れ」と名付けられた水路があり、その向こうに芝生の広場が広がっている。「きらめきの流れ」はもちろん人工的なものだが、やはりこうした公園に水の流れは欠かせないものだろう。流れの周囲には疎らに木立があり、ベンチなども置かれてのんびりとくつろぐには良い場所だ。

「きらめきの流れ」の右方(南側)、「クスノキゲート」から延びる散策路を辿って「水無月橋」と名付けられた橋で道路を渡ると「水無月園」というしょうぶ田になっている。花菖蒲の咲き誇る様は見事な美しさで、その季節になると連日多くの人出で賑わっているようだ。

「森の木展望台」
「きらめきの流れ」の付近から左手(北側)に目を転じると、芝生の広場を取り囲むように並ぶ木立の中に、まるで童話の絵本に登場するような意匠の塔の姿が見える。「森の木展望台」という名のその塔は子ども向けの遊具類のほとんど無い相模原公園にあって、子どもたちの人気を集めている。

芝生の広場はなかなか広い。圧倒的な広さというわけではないのだが、広々とした開放感が素晴らしい。広場は平坦ではなく、わずかに中央部が盛り上がるように起伏があり、それが広々とした雰囲気を倍加させているのではないかと思う。広場の周囲は疎らな木立が取り囲んでおり、木陰にはシートを広げてくつろぐ家族連れの姿も多い。芝生の広場を駆け回る子どもたちの歓声が、この公園の魅力を象徴していると言ってもよいだろう。

「緑の街」
芝生の広場の北側には「緑の街」と名付けられた一角や、見本庭園などがあるが、この公園の本来の魅力が「広々とした緑溢れる空間」であることを考えると、少々興醒めの感がなくもない。欧風の街路や日本の街路などを模した造りは、子どもたちには面白い場所であるかもしれないが、やはりこの公園の中にあっては違和感が残る。

芝生の広場を東に進むと「イベント広場」という緩やかなすり鉢状の一角がある。これはやはりその名とその形状から何かの催し物の際のステージとなるのだろう。「イベント広場」の北側には雑木林があり、これは「紅葉の丘」という名が付いている。その名の通り、秋には紅葉の美しい林なのだろう。

「噴水広場」
「紅葉の丘」と「イベント広場」によって芝生の広場から隔てられて「噴水広場」がある。「噴水広場」は南北に延びる長方形の形をした空間で、周囲から低く造られた中に大小の噴水が設置され、それを整備された花壇が取り囲んでいる。整然とした美しさの端正な印象の空間だ。噴水を眺めながら散策を楽しむのもよいし、脇の芝生に腰を下ろしてのんびりとしたひとときを過ごすのもよいだろう。

「噴水広場」の東側には雑木林があり、その中を「こもれびの径」という名の散策路が延びている。「噴水広場」の南側には「かながわグリーンハウス」がある。規模の大きな温室をメインとした施設だが、ここだけは入場料が必要だ。

「かながわグリーンハウス」の南側には「ハナミズキゲート」と名の付いた入口があり、その横の「リリちゃん橋」によって道路を渡ると隣接する相模原麻溝公園に至る。本来、この辺りが公園のメインエントランスに当たるのだろう。相模原公園と相模原麻溝公園の双方の利用者によって賑わっている。時間が許せば相模原麻溝公園にも足を延ばしてみるとよいだろう。
芝生の広場
相模原公園はやはりその広々とした開放感、緑に溢れた雰囲気が魅力で、「子どもたちの遊び場」的な相模原麻溝公園と対照的に、のんびりとしたくつろいだひとときを過ごすための「大人のための公園」と言えるかもしれない。子どものいる家族連れなら、相模原麻溝公園で遊び、こちらでのんびりとお昼のお弁当を広げるという使い方もよいかもしれない。

いずれにしても相模原公園と隣接する相模原麻溝公園は両者を合わせてひとつの公園として機能しているような性格もあり、家族連れなどであれば手軽なピクニック感覚で訪れても一日充分に楽しく過ごすことができるだろう。初めて訪れた際には公園管理所に立ち寄り、双方の公園を一緒に描いたマップを貰っておくと便利だ。

駐車場は余裕があり、300台近くの駐車スペースがあるが、土曜・日曜・祝日には有料となる。隣接する相模原麻溝公園にも駐車場があり、そちらは無料なので空いていればそちらを利用する方がよいだろう。
追記 上記内容は1999年6月に訪れたときのものである。その後、諸事情により中央部の「芝生広場」の西側半分と「遊具広場」などは犬連れでの立ち入りが禁止されている。その代わりというわけか、公園西端部、駐車場から道路を挟んだ一角にいわゆる「ドッグラン」のコーナーが設けられている。「ドッグラン」は開園日、開園時間が定められており、使用するには事前の会員登録が必要だ。詳細は相模原公園公式サイト(頁末「関連する外部WEBサイト」欄のリンク先)を参照されたい。また公園西側の河岸段丘崖下にあった「神奈川県フィッシングパーク」が1998年に閉鎖された後、その跡地が親水公園として整備され、相模原公園の管理下でオープンしている。
「噴水広場」