横浜線沿線散歩公園探訪
町田市原町田〜高ヶ坂
−芹ヶ谷公園−
虹と水の広場の夏
August 1999
芹ヶ谷公園 虹と水の広場
芹ヶ谷公園の「虹と水の広場」は夏には子どもたちの水遊びの場所となって賑わっている。広場の中央にある噴水の池が、小さな子どもたちのためのちょうどよいプールのようなのだ。

芹ヶ谷公園 虹と水の広場
池の中央に設置された噴水の塔は円柱部の先端から水が出る仕掛けだが、可動するように取り付けられた金属のバーが、風によってか、落ちる水によってか、モビールのように気ままに動き、先端から落ちる水がそれに当たって跳ね、最終的に池に落ちてくる場所が刻々と変わる。遊ぶ子どもたちにとってはそれもまた楽しいのだろう。

子どもたちを連れてくるお母さんたちはお弁当持参の人も少なくなく、グループで、あるいは家族連れで、ここでのんびりと半日を過ごすのだろう。「虹と水の広場」の西側はお昼前あたりからは程良く木陰ができ、ここにシートを広げれば、親たちはそこから子どもたちの遊ぶ姿が間近に眺めることができて安心だ。

噴水の水は風の強い日には思わぬところまで飛沫が飛び、夏の暑い日などにはとても涼やかだ。真夏の暑い一日、木陰を渡る風に吹かれながら、子どもたちの歓声を聞きつつ、のんびりと過ごすのもなかなか楽しい。小さな子どものいる近所の人たちにとってはなかなかに素敵な夏の日の過ごし方であるかもしれない。
芹ヶ谷公園 虹と水の広場