横浜線沿線散歩街角散歩
横浜市都筑区茅ヶ崎中央
茅ヶ崎中央
May 2005
茅ヶ崎中央
横浜市都筑区茅ヶ崎中央の町は、横浜市営地下鉄「センター南」駅周辺を中心に商業施設も多く、都筑区役所も置かれており、都筑区の、そして港北ニュータウンの中心になる街と言ってよいのではないかと思う。その茅ヶ崎中央の町を、「センター南」駅前を中心に歩いてみた。
すきっぷ広場
横浜市営地下鉄「センター南」駅の前には、とても美しい広場がある。広場の一角には、この広場が「すきっぷ広場」という名であり、一般公募によって名付けられたとの旨を記した碑のようなものが建っている。港北ニュータウンのシンボル広場として計画され、1998年(平成10年)に整備されたものであると添えられている。広場は爽快な開放感に富み、現代的な洗練を感じさせながらも穏やかな空気感を保っている。人工的な空間だが、随所に植栽された木々の緑が潤いを与え、晴れた日には色彩のコントラストがたいへんに美しい。「すきっぷ広場」の周辺には商業施設などのさまざまな建物が建っているが、それらの建物には造形的に凝ったものも少なくなく、そうした建物の意匠を楽しみながら歩くのも悪くない。
すきっぷ広場周辺すきっぷ広場周辺

すきっぷ広場周辺すきっぷ広場周辺

センター南広場
「すきっぷ広場」の西側の一角には扇形の窪地があり、これは「センター南広場」という「公園」であるようだ。東側の扇形の広い方から階段状に降りてゆき、扇の要に当たるところが最低部となっているのだが、この構造はどうやら野外ステージとして使用する前提であるようで、例えば「区民祭り」などの際には、階段状に造られた部分が観覧席となり、最低部のスペースに野外ステージが設けられて、広場はさまざまなイベントの会場となるらしい。普段の広場はのんびりとしたもので、階段状の部分の思い思いのところに腰を下ろしてくつろぐ人の姿がある。お昼時にはアウトドアランチを楽しむ人たちの姿も多い。「駅前」という喧噪の中でありながら、穏やかな公園としての空気感に満たされているのが素敵だ。
都筑中央公園
「すきっぷ広場」から美しい並木道を西へ向かい、「都筑ふるさと歩道橋」を渡り、都筑区総合庁舎前を通ってゆくと警察署がある。警察署前で少し北へ折れるように進み、「春風歩道橋」を渡ると目の前に都筑中央公園がある。都筑区内で最も広い(2005年5月現在)公園という都筑中央公園は、港北ニュータウンとして造成される以前の雑木林をそのまま利用した公園で、尾根と谷戸との入り組む里山の風景を色濃く残している。園内は池や芝生の広場といった一般的な公園としての佇まいと昔ながらの里山としての野趣溢れる佇まいとが同居していて散策も楽しい。「センター南」駅から至近ということもあり、休日にお弁当を持ってピクニック気分で訪れるのに好適な公園だ。
センター南駅前から南へ
「センター南」駅前の「すきっぷ広場」から南へ向かうと周辺には店舗などが並んでなかなか繁華な佇まいだ。街そのものが新しいからか、雑然とした感じはなく、すっきりとして爽やかな印象がある。さらに南へ向かうと「開成歩道橋」や「はなやぎ歩道橋」といった人道橋が茅ヶ崎南へと繋いでいる。美しい舗道がそのまま茅ヶ崎南四丁目と五丁目の境に沿うようにさらに南へと延びている。舗道は樹木に囲まれた緑道という佇まいで、道脇の住宅街も美しく、小公園などもあり、穏やかな空気に満ちている。周辺は住宅街だが散策は楽しい。

センター南駅前から南へセンター南駅前から南へ

大原みねみち公園
進んでゆくと舗道は緩やかに西へ曲がっている。途中から南へ入り込むと、住宅地の中を抜けて大原みねみち公園へと抜け出ることができる。大原みねみち公園は細長い立地の中に池を抱えた、美しい公園だ。舗道を道なりに進んでゆくと目の前にこんもりと木々を抱える丘が見えてくる。葛ヶ谷公園の雑木林だ。葛ヶ谷公園の手前には「ささぶねのみち」という名の緑道があり、これを東へ辿ると鬱蒼と木々の茂る中を抜けて大原みねみち公園へも近い。これらの緑道と公園とを繋いでひととき緑の中に散策の足を延ばすのもいい。
「センター南」駅前から特に南へ向けて、街の佇まいそのものがたいへんに美しい。そうした街の表情を味わいつつ、周辺の公園や緑道を巡っての散策はとても楽しいものだ。「センター南」駅の北側には早渕川が近く、河岸へと散策の足を延ばすのも悪くない。のんびりと散策を楽しんだ後は、駅前に並ぶレストランで食事やティータイムを楽しむのがいい。地元に暮らす人たちにとってはもちろん、来訪者の立場であっても充分に楽しいひとときではないかという気がする。
茅ヶ崎中央