横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市緑区寺山町
−四季の森公園−
花菖蒲の咲く四季の森公園
June 1999
花菖蒲の咲く四季の森公園
四季の森公園の花菖蒲

四季の森公園の花菖蒲
五月下旬から六月にかけての四季の森公園は花菖蒲が美しい。「菖蒲田」は公園の中央あたり、「春の草原」から南へと入り込んだ谷戸部分にあり、雑木林の緑に囲まれて咲き揃う姿は穏やかな風情があって素晴らしいものだ。菖蒲田の中にはジグザグに辿る木道が設置されていて、そこを歩けば花菖蒲のただ中に身を置くようで楽しい。畦道のような通路も楽しく、ゆったりと観賞しながらの散策は時を忘れる。

薄紫や白や黄色など、さまざまな品種の花菖蒲が見られ、それぞれに味わいがあって飽きない。規模としては特筆するほど大きなものではないが、やはり昔ながらの里山に囲まれた谷戸田の雰囲気を色濃く残す風景の中に見る花菖蒲の佇まいが風情があってよく、その様子はそれ自体が一枚の絵のようでもある。

花菖蒲の名所としてよく知られているだけに訪れる人も多く、散策路のあちこちでカメラのレンズを向ける人の姿もあり、キャンバスを立てて絵筆を握る人の姿も少なくない。花菖蒲の美しさそのものももちろんだが、花菖蒲の似合う風景としても、この季節の四季の森公園はお勧めの「名所」と言えるだろう。
「清水の谷」の田植え風景
また、花菖蒲が盛りを迎える六月上旬、公園東側部分の「清水の谷」では水田の田植えが行われる。営農目的ではなく地元の学校の教育用の水田であるためか、機械化された田植えではなく昔ながらの手作業による田植えが行われていた。今では見られなくなってしまった懐かしい光景で、時を忘れてその様子に見入ってしまった。
花菖蒲の咲く四季の森公園