横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市別所〜松が谷
秋葉台から松が谷へ
October 2012
秋葉台から松が谷へ
秋晴れに恵まれた十月中旬、京王相模原線堀之内駅に降りた。堀之内駅から北東の方へ辿り、大栗川の河岸を経て多摩都市モノレールの松が谷駅を目指そうと思ったのだった。この辺りは車で通り抜けることはよくあるし、京王相模原線堀之内駅付近にも頻繁に来る機会があるのだが、駅の周辺に足を延ばしたことはなかった。新たな発見を期待して、のんびりと歩こう。
京王相模原線堀之内駅ガウディ風階段
京王相模原線を堀之内駅で降りると、東側にバスの発着所となったロータリーが設けられている。駅の南側には大型の商業施設が建ち、その向こうは緩やかに丘陵地になっている。その商業施設の脇、ロータリー横の歩道から南側の丘へと上る階段とエスカレーターが設けられているのだが、これがどことなくガウディの建築物を思い起こすような特徴的な意匠だ。階段途中には不思議な形をしたオブジェが置かれていたりもする。これはスペインのバルセロナにあるガウディ設計のグエル公園を模して造られたものらしい。近隣の人にはよく知られた堀之内駅の“ガウディ風階段”だが、初めて訪れた人は驚くかもしれない。

秋葉台へ向かう舗道
駅前ロータリー脇から東の丘へと階段が辿っている。「あかね歩道橋」という名の人道橋で道路を越え、さらに階段が続いて丘上に至る。舗道の両脇は特徴的な意匠の建物の並ぶ団地だ。団地の中を抜けて舗道を進むと目の前は秋葉台小学校だ。秋葉台小学校の北側に沿って舗道を進む。舗道はトウカエデの並木になっている。トウカエデの並木を通り抜けると秋葉台公園だ。秋葉台小学校と秋葉台公園のある、この丘が秋葉台である。昔、秋葉神社が鎮座していたことから、秋葉台と呼ばれるようになったものらしい。この辺りの現在の行政上の住所表記は「別所二丁目」で、「秋葉台」という住所は存在しないのだが、こうして学校や公園の名として、あるいは団地の名の一部に「秋葉台」が使用されているというわけだ。

秋葉台公園
秋葉台小学校の北東側に位置する秋葉台公園は丘の北側の端に当たっている。公園は丘上を整備して広場などを設けたもので、広場の北側からは視界が開け、大栗川の北側に広がる丘陵地を一望する。たいへんに開放感のあるところで、しばらくのんびりと眺めていたくなる。広場の北東側の角にはピラミッド状の構造物が設けられている。この構造物は秋葉台公園を象徴するものだろう。長い滑り台も設けられ、その滑り台を“尾”に見立てて鳥の形に造られた子どもの遊び場など、工夫を凝らして造られている印象だ。

ハナミズキ
公園を北側に降りると堀之内三丁目だ。住宅街の中の道を辿って北東側に抜けると道路が多摩ニュータウン通りの下をくぐっている。この道路は京王堀之内駅の南側から「秋葉台」の南側を廻って続いている道路で、多摩ニュータウン通りをくぐり、番場橋で大栗川を越え、野猿街道へと至っている。この道路に沿って北へ進もう。道はハナミズキの並木だ。ハナミズキは赤い実をつけ、そろそろ紅葉の時期を迎えようとしている。

堀之内番場公園
300メートルほど進むと道路の左手(西側)、大栗川の河畔に位置して堀之内番場公園という公園がある。それほど大きな公園ではないが、河岸の立地を活かして開放感のある広場が設けてあり、穏やかな佇まいが魅力の公園だ。番場橋の袂、堀之内番場公園の対岸にも小さな公園がある。対岸の公園にも立ち寄ってみよう。広場を中心とした小公園で、堀之内洗馬川公園の名がある。堀之内番場公園や番場橋の名にある「番場」や堀之内洗馬川公園の名の「洗馬川」などは、この辺りの昔の地名なのだろう。その名にどういった土地だったのかが窺える。

由木緑道のオブジェ由木緑道のオブジェ
番場橋から、また大栗川の右岸を下流側へ向かって進もう。河岸は由木緑道という散歩道として整備されており、ところどころにベンチも設けられている。この緑道脇に、おもしろいオブジェが置かれている。石柱を削って造られたもののようで、金属球で“目”が付けられている。オブジェは何体もあり、それぞれに意匠が異なっている。一見してわかるように、どうやらフクロウを象ったものらしいのだが、中にはフクロウというより蝉を連想するようなものもある。特に実用的な役割があるわけではないようで、散策する人が楽しめるようにと設置されたものなのだろう。

東中野橋付近
番場橋から百数十メートル進むと洗馬川橋が架かっている。由木緑道は洗馬川橋が東端のようだ。洗馬川橋からさらに百数十メートルで東中野橋、「東中野」というのもこの辺りの昔からの地名だ。この辺りに来ると、真っ直ぐに延びる大栗川の向こうに多摩都市モノレールの軌道が見える。見ていると、ときおりモノレールの車両が横切ってゆく。東中野橋から下流側、大栗川の右岸は丘陵地だ。このまま大栗川の河岸を歩いて行きたい気もするが、今回は東中野橋から南東側の丘へと歩を進めよう。東中野橋から南へ辿る道は昔からの道なのだろう。緩やかに曲がる様子が良い風情だ。そのまま南へ入り込むと、周辺には昔からの農家らしい家も建っている。見当をつけて細道を抜けて丘の上を目指す。

松が谷
坂道を登り詰めると、丘の上は松が谷の住宅街だ。大きな通りのイチョウ並木ももうすぐ黄葉の季節を迎えるが、今はまだ緑色がほんのりと黄色味を帯びているだけだ。歩道橋を渡って住宅街の中の舗道を東へ進むと松が谷の郵便局のある一角に出た。そのまま松が谷遊歩道を東へ進もう。大塚西公園の横を抜け、数百メートル進めば多摩都市モノレールの松が谷駅だ。今回の散策もここを終点にして、松が谷駅からそろそろ帰路を辿ろう。
京王堀之内駅周辺から松が谷まで、かつての多摩丘陵を造成して造られた住宅地を歩くルートだったが、その中にぽっかりと東中野橋周辺に昔ながらの風景が残り、印象に残る散策だった。途中で大栗川の河岸も歩いたが、今回もまたほんの一部だけだった。いずれ機会を設けて大栗川河岸のもっと長い距離を歩いてみたい。
秋葉台から松が谷へ

秋葉台から松が谷へ