横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市
第41回八王子まつり
August 2001
第41回八王子まつり
第41回八王子まつりは2001年8月3日(金曜日)から5日(日曜日)にかけて開催された。例年の祭りとほぼ同じ内容だが、やはり市を挙げての祭りということもあって大いに盛り上がっていたようだ。今年の八王子まつりには、その初日の午後と最終日の午後に出かけてみた。
第41回八王子まつり
甲州街道には初日の午後から露店が並ぶ。すでに多くの人出があり、そぞろ歩きを楽しむ人、露店の店先で足を止める人など、それぞれだ。歩いていると焼き鳥やじゃがバターなどの匂いが漂ってくる。射的やヨーヨー釣りなどのゲームは子どもたちに人気だ。浴衣姿の女の子たちがかき氷などを買い求める姿も祭りの風景のひとつといったところか。ところどころの路地では各町内の山車が出番を待ち、傍らに佇む祭装束の人たちが祭りの風情を漂わせている。そうした街の様子を感じながらの散策はとても楽しい。
第41回八王子まつり
夕刻近くになって、放射線通りで「氷の彫刻展」が行われる。単に「氷で造られた彫刻の展示」というのではなく、全国の職人さんによる氷の彫刻のコンテストであるらしく、放送でそれぞれのプロフィールなどが紹介され、氷の彫刻の技術と出来映えを競う。周囲は見物の人々が取り囲み、大きな氷の固まりから次第に美しい形が削り出されてゆく様子を見守っている。係りの人から氷のかけらを貰って遊んでいる子どもたちの姿もある。

第41回八王子まつり「氷の彫刻展」
氷の彫刻の制作はなかなか時間のかかる作業で、猛暑の中の作業とあって制作中にも氷は次第に溶けてゆく。最初に削られた部分は最終の作業の頃にはかなり溶けてしまっているわけで、それを勘案しながらの作業なのだそうだ。数種類の道具を使い分けて氷を削ってゆく作業は、職人技というのか、そうしたことに素養の無い身にとっては驚嘆すべき技術であるような気がする。時に大胆に時に細心に氷の固まりを削ってゆく作業は見ていても飽きない。透き通る氷の固まりとそこから削り取られてゆく氷のかけらは、猛暑の中に涼しげな風情を与えてくれるものだった。
第41回八王子まつり
最終日は甲州街道が車両通行止めとなり、夕方近くになると「関東太鼓合戦」と「千貫みこし」で賑わっている。八幡町の交差点を境に、東側では太鼓合戦、西側では千貫みこしだ。

第41回八王子まつり「関東太鼓合戦−陣馬太鼓」
太鼓はいくつかのグループが競演している形のようで、それぞれに見物の人だかりがある。見物の人々を最も多く集めていたのは有名な「陣馬太鼓」だったようだが、どのグループの太鼓もそれぞれに素晴らしく、勇壮な太鼓の響きが祭りを盛り上げてくれる。演奏者の中には女性の姿も少なくない。やはり男性に力では劣るのか、太鼓の響きが異なるのだが、その演奏自体は男性に劣るものではない。きりりとして勇ましい演奏は見ていても爽快で気分のよいものだ。
第41回八王子まつり
第41回八王子まつり「千貫みこし」
「千貫みこし」の渡御は八王子まつりのクライマックスの一つに数えてもよいだろう。千貫みこしは多賀神社の宮神輿で、八王子市有形指定文化財であるという。「千貫」が示すように重量は約4トンほどで、関東でも屈指の大神輿なのだそうだ。多賀神社は元本郷町にあり、「西の総社」と呼ばれ、八王子の街の西半分の鎮守である。八王子まつり自体がそもそも「市民祭」として始まり、そこに「西の総社」である多賀神社の例大祭と「東の総社」である八幡八雲神社の例大祭が融合したものであることを考えれば、その多賀神社の宮神輿の渡御が八王子まつりの「顔」とでもいうべきもののひとつであることは無理のないことだろうと思える。

四車線の甲州街道をいっぱいに使っての「千貫みこし」の渡御は見事なものだ。見物の人々と氏子衆と警備の人とが見守る中、提灯を掲げ持った氏子衆の先導によって千貫神輿はやってくる。提灯を掲げ持つ先導の氏子衆の姿もとてもいい。提灯を高く掲げ、キッと前を見据えてゆっくりと歩を進めるその姿は厳粛ささえ感じさせて、この神輿の渡御が神事であることを思い起こさせてくれる。

第41回八王子まつり「千貫みこし」
先導の氏子衆の静かさからは想像できないほど、神輿の担ぎ手は力と熱気に溢れている。神輿の担ぎ手の熱気と、先導の氏子衆の静かさとの対比もいい。間近に見る神輿は一見すると意外に小さく感じる。担ぎ手の人の波の中に見るための錯覚かもしれない。男性も女性もひとかたまりになって神輿を担ぐ。一心に力を込めるその表情や怒声にも似たかけ声、神輿を中心に担ぎ手の氏子衆の熱気が渦巻いている。ほんのわずかでも気を抜くことが許されない。そんな緊張感が見ている側にも伝わってきて、不思議な高揚感を誘う。見慣れた街角の風景の中にひととき現出する、祭りの高揚がもたらす非日常の感触であるかもしれない。
第41回八王子まつり
三日間の日程で開催される八王子まつりは、その期間中にさまざまな場所でさまざまなイベントが行われている。そのすべてを見ることはなかなか難しいが、今年は昼の山車曳き廻しと千貫神輿を、来年は花火大会を、その次には夜の山車曳き廻しを、といったふうに、ある程度対象を絞って楽しむとよいかもしれない。
第41回八王子まつり