横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市
第46回八王子まつり
August 2006
第46回八王子まつり
第46回八王子まつりは2006年8月4日(金曜日)から6日(日曜日)にかけて開催された。今年(2006年)の八王子まつりは「市制90周年記念」と銘打ち、例年にも増して賑やかに行われたようだ。その二日目、8月5日土曜日の夜、甲州街道へ出かけた。
夕方6時過ぎ、ようやく日も落ちて街が宵闇に包まれ始めている。甲州街道ではすでに山車巡行が始まっている。空が暗くなってゆくにつれて山車が灯りに浮かび上がり、祭りで賑わう雑踏の中にお囃子が響き、辺りは幻想的な空気に満たされてゆく。その中に身を置けば何とも言えない高揚感に包まれる。これまでに何度も見てきたが、やはり何度見ても飽きない。

横山町交差点付近から八幡町交差点付近にかけて、甲州街道を行き交う各町の山車を見ながらのんびりと歩いた。歩道には夜店が並び、足を止める人々でそれぞれに賑わっている。歩道は見物客でごった返し、歩くのもままならないほどだ。どちらかと言えば人混みは苦手な方だが、この雑踏もまた祭りの風情として楽しめるのが不思議だ。祭りの生み出す非日常の感覚がそうさせるのだろう。一時間ほどそうして祭りの雰囲気を味わい、ますます賑わいを見せる甲州街道を後に帰路を辿ったのだった。
第46回八王子まつり第46回八王子まつり第46回八王子まつり
「八王子まつり」は2002年の第42回から内容が刷新され(刷新当初は秋の開催に変更された花火大会は、やはり「秋の花火」が不評だったのか、八王子まつりの一週間前の土曜日の開催に変更されている)、山車と御輿を中心とした祭りになった。今年(2006年)はそれから5年目になり、現在の形での開催もすっかり定着したようだ。内容が刷新されてからの「八王子まつり」は、言うなれば「焦点が定まった」感じがあり、祭りの全体像がはっきりしてきたような気がする。この方向でますます充実したものになっていって欲しいと思う。
第46回八王子まつり