横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市下九沢
−相模原北公園−
山百合の咲く相模原北公園
July 2008
山百合の咲く相模原北公園
七月も下旬、本格的な夏を迎えた相模原北公園では山百合が咲く。山百合は日本原産のユリで、北海道と北陸を除いて近畿以北には広く分布する。明るい林の縁や草はらなどを好む花で、関東では丘陵地などでごく普通に見られる花だったが、特に東京近郊ではすっかり数が少なくなったようだ。

山百合の咲く相模原北公園
相模原北公園では「郷土の森」と名付けられた北西側の林の中に山百合の姿を見つけることができる。その姿は優美で気品に満ちており、木洩れ日を浴びて立つ姿などはたいへんに美しい。今回訪れたときには「アジサイ園」脇の林の中に多く見つけることができた。他のところにも咲いているが、群生して咲く花ではないからうっかりすると見落としてしまう。うまく見つけられないときには管理所に立ち寄り、係の人に尋ねてみれば、その日にどこで咲いているかを教えてもらえるかもしれない。今回訪れたときもそのようにして「アジサイ園」横に多く咲いている旨を教えて頂いた。

山百合の他にも「ロックガーデン」横や競技場横の「郷土の森」の縁などでオニユリらしい(コオニユリかもしれない)ユリが咲いていた。濃いオレンジ色の花が夏の陽射しを浴びて、これもなかなか美しい。管理所横の花壇ではまた別の種類のユリが咲いていた。全体は紫で中心部と縁が白い花弁のユリだったが、「スターゲイザー」だろうか。花の名を記したプレートも見当たらず、ユリの品種に詳しくない身ではよくわからないのが残念だ。その他にも「郷土の森」や花壇などで夏の花を見つけることができる。花の好きな人なら楽しめるに違いない。
山百合の咲く相模原北公園

山百合の咲く相模原北公園